デリケートゾーンを脱毛するメリット

デリケートゾーン脱毛 > デリケートゾーンを脱毛するメリット

デリケートゾーン脱毛のメリットとデメリット

以前はデリケートゾーンの脱毛と言えば、Vラインの脱毛でしたが、
最近ではIライン、Oラインといった部分の脱毛も人気になってきました。
欧米では、VラインだけでなくIラインやOラインの毛の処理を済ませていることは、ハイジニーナと呼ばれています。
その言葉の由来はhygiene=衛生学、衛生環境衛生という意味にあり、ハイジニーナ脱毛は衛生面で優れ、
欧米の女性はデリケートゾーンの毛をお手入れすることはエチケットとして、浸透しているようです。

 

このデリケートゾーンの脱毛にはどのような、メリット、デメリットがあるのでしょうか?

 

メリットについて

デリケートゾーンを衛生的に保ち、雑菌の繁殖による肌トラブルを防ぐことができます。
高温多湿で、雑菌が繁殖しやすいため、かぶれやかゆみ、また臭いなどの原因になります。
陰部にある汗腺はアルカリ性の汗を出すため、雑菌が死滅しない環境になります。
脱毛を行うことで、雑菌が繁殖しやすい環境から衛生的な環境にすることができます。

 

またデリケートゾーンの不快感を取り除くことができます。
蒸れることによる不快感、かゆみ、臭いなどを軽減します。
おりものや、経血、尿などが毛に付着すると、それをえさにして雑菌が繁殖します。
その主な成分はタンパク質で、雑菌がそれを分解する際に発生するのがにおいです。
毛がなくなることで、このようなおりものや経血などが付着しにくくなるため、臭いが軽減されます。
脱毛することにより水着や下着を選ばないので、おしゃれを楽しむことができます。

 

デミリットについて

デメリットは、人に見られると恥ずかしいという点です。
処理をしている人は、日本ではまだまだ少ないため、特にほとんど毛がない状態だと、恥ずかしいと感じる人が多いようです。

 

またそもそも毛は、異物の侵入を防いだり、保護する役割があります。
ですから陰部に雑菌がウィルスの侵入を防いでいますが、脱毛をすることでその機能が失われてしまいます。
そして脱毛法によっては毛が生えてこないという状態にもなるので、どんな脱毛法を行うか、Vラインの形をどうするか?どこを脱毛するかは慎重に考えてから行いましょう。

 

スマートフォンのシェア